目への負担を軽減して老眼を防ごう【クリアな視界を維持】

最新記事一覧

目の加齢度チェック方法

目

自分の指紋が見えますか

老眼は誰しもが発症するものですが、徐々に進行するため、老眼鏡などの対策をいつ取ればよいのかの判断が難しい場合があります。若さを失ったというイメージがついて回るため、心理的にも老眼鏡はなくても大丈夫、と頑張ってしまいたくなる心理も働いてしまいがちです。しかし、老眼鏡をかけたほうが良いのに無理をしていると、目にかかる負担が増大して、結果的に老眼鏡をかけない場合より進行が早まることがあるようなので、見え方が気になるようなら一度眼科か眼鏡店に相談に行くのが良いようです。最近は眼鏡のデザインも洗練されたものが多く、お洒落を引き立てるアイテムとすることもできますので、必ずしも買う必要はないのですから、一度お店を訪れてみるのも悪くないでしょう。相談の時点で老眼鏡をかけたらどの程度改善されるかを確認もできるはずです。どうしても眼鏡に抵抗がある場合は老眼用のコンタクトレンズも発売されているので、見た目を気にして対処を遅らせる必要はないのではないでしょうか。それでもお店に行くのがどうにも気が進まない、または時間が取りにくいといった事情がある場合は、とりあえず簡易的に進行度を確認する方法として、自分で掌を見て、指紋がはっきり見えると思える距離を測定するという方法もあるようです。この距離が30cmを越えるようなら一度眼鏡店に相談する頃合といわれています。明るい場所で一度試してみて、距離がちょっと遠いなと思うようなら、早めに相談してみるのがいいかもしれません。