目への負担を軽減して老眼を防ごう【クリアな視界を維持】

最新記事一覧

定期的に検診しよう

目

負担を減らす努力をしよう

近くのものを長時間見ていると目の疲れが酷くなり、霞んだり熱を持つことがあります。一般的には40代半ばから発症する老眼ですが、近年では目を酷使する機会が多くあり、30代でもひどい眼精疲労に悩まされるケースが多くあります。老眼は年齢とともにピント機能が低下して近くのものを見るとぼやけたり、見えなくなる症状が現れます。パソコンを良く使用するデスクワークやスマートフォンの長時間利用、細かなものを作成する技術職や趣味を持つ人には早期に現れることがあります。日頃から定期的に目の筋肉の負担を減らして、老眼の進行を早めない対策をしましょう。ブルーベリーなど、目の機能を守る成分が入っている食材を意識して摂取したり、サプリメントで補うことで目の働きをスムーズにしてくれます。また、数十分に一度は視線を手元から遠くへ移すと、目の筋肉が和らぎます。老眼は酷くなると眼鏡の助けを得て疲労をとりましょう。目の筋肉は年齢によって進行の程度が予測できますが、普段から眼鏡を掛けている人と掛けていない人では度数選定が異なります。また、左右で度数が異なっていたり乱視が酷くなると眼科医に処方してもらった眼鏡が必要になります。三年ごとに見え方を見直しして、自分の目の状態を維持できる対策を練りましょう。老眼は高齢になるごとに進むだけでなく、白内障や緑内障といった目の病気や糖尿病のように視神経に影響を与える病気の影響もあるので、日頃からの検診が大切です。