目への負担を軽減して老眼を防ごう【クリアな視界を維持】

最新記事一覧

目的を考えて作る

女性

度の軽いうちに慣れておく

40歳を過ぎると今まで普通に見えていた本やスマホの文字が見えにくくなり、少し話さなければ見えなくなってきます。最初は老眼を認めたくはないですが、早めに老眼鏡やコンタクトレンズで対策をしないと余計悪化することがあるので注意して下さい。老眼鏡を作るときにも注意点があります。老眼鏡は眼科で視力を測ってもらって作ることも可能ですが、特に眼病があるのでなければメガネ店で視力を測ってもらって作るのでも問題ありません。どこで作るかを考えるよりもどんな老眼鏡を作るかの方が重要になります。遠近両用メガネの存在を知っている人はいて、遠くと近くの両方に焦点を合わせられるレンズがついていますが、遠くと近くが見えるということは全ての距離が見えるということではないのです。その中間には焦点があわないことも多くなっています。老眼鏡には近々レンズというとにかく近くを見やすくできるレンズもあれば、中近レンズという室内で見る程度の距離を見やすくするレンズ、それに車の運転もできるような遠近レンズもあります。ただやみくもに老眼鏡を作ればよいやということになると使い勝手の悪い老眼鏡になってしまい、あまり使わなくなってしまいます。現在の自分の見え方と今後必要になってくる見るものを考えてから老眼鏡を作るようにしてください。どのような老眼鏡を作るといしても、度の軽いうちに作っておくようにしてください。いきなり度の強いものを作ってしまうと慣れるのに時間がかかってしまいます。