手軽に脂肪解消

脂肪溶解注射は1952年にフランスの医師が行ったメソセラピーが始まりであると言われています。このメソセラピーというのは皮膚の下に薬剤を注射する事によってさまざまな症状を改善するための治療方法であり、脂肪を溶かす美容目的に限らずに、便秘や脱毛症の改善など様々な目的で行います。 脂肪を溶解させるためにメソセラピーを用いるようになったのは比較的最近の事であり、1990年代の後半から始められたと言われています。それまでは美容業界では美肌注射に用いられてきたのですが、様々な研究が行われる事によって注射を行う皮膚組織の場所や薬剤を変える事によって、脂肪溶解注射が誕生したという訳です。現在では美容医療として脂肪溶解注射の事をメソセラピーと呼んでいますが、メソセラピーの一種が脂肪溶解注射と言った方が良いです。

昔は整形手術というと大がかりなもので、体にもかなり負担をかけるものでした。しかし、近年ではプチ整形と呼ばれる比較的手軽に行う事が出来る整形を行う人が増えています。 脂肪溶解注射もその一つであり、部位や規模にもよりますが、注射を行うだけなので施術時間はごく短時間で済み、10分もかからずに終わる事もあります。身体への負担もそれほどはなく、料金も大がかりな整形手術と比べるとかなり安い価格で行う事が出来るために、大がかりな手術はしたくないが、部分的に余計な脂肪があるから、すぐにでもどうにかしたいという人に脂肪溶解注射はうってつけです。 気軽に出来る事が売りであり、また、改良が行われているために、より効果的で安全に出来るようになる事で、今後も美容に気を配る女性を中心として、その需要が高まるのではないでしょうか。